プロフィール面の
上手な作り方

 

① 席次表の表紙デザインを決めましょう。

弊社の商品カタログからお気に入りの表紙デザインをお選びください。

② 席次表の大きさを確認しましょう。

披露宴の出席人数やテーブルプラン、また席次表の表紙デザインによって印刷用紙の大きさが変わります。通常120名以下の出席者の場合はB4サイズの大きさになります。弊社の場合はB4サイズの他に、253ミリ×418ミリの用紙と253ミリ×453ミリの用紙を使用しております。どちらも四つ折りになります。

③ 各ページに何を掲載するかをまず決めましょう。

例:
1ページ目 新郎新婦からのご挨拶文
2ページ目 新郎のプロフィール
3ページ目 新婦のプロフィール
4ページ目 メニュー
どうゆう内容にするかは自由ですが、各ページの大きさには制限がありますので、あまり沢山の文字や写真を使用するのは避けた方が良いと思います。一般的には少し空白を大目にした方がきれいに見えます。

④ 写真を選びましょう

写真は新郎新婦の幼い頃の写真を使ったり、あるいは最近の写真を使ったり自由にお選びください。注意点は、お顔が小さく写っている写真は拡大した時に目鼻がぼやけてしまいます。出来るだけお顔が大きく写った、ピンボケしていない写真を選びましょう。前撮り写真などを使うとキレイに出来上がります。

⑤ 各ページごとに大雑把なデッサンを書きましょう。

お客様が抱いているイメージを弊社に伝えるためです。ただし、このデッサンは必ずしも必要ではありません。むしろ弊社では、お客様のイメージ(例えば「シンプルに作ってほしい」とか、「春のイメージで作ってほしい」などの大体のイメージを伝えていただいた方が助かります。

 
⑥ 掲載する内容や写真が決まったら、適当な用紙に書き込んで申込み書と一緒にお送りください。(弊社指定の原稿書式はありません)全ての原稿が揃っていなくても結構ですので、揃っている分だけでもお送りください。
 
⑦ 原稿が弊社に届きましたら制作作業に入りますが、3~4日で初回の校正をお送りいたします。初回校正は実際の印刷状態に近い形でお送りいたしますので、ほぼ出来上がり状態をご覧いただけます。この初回校正を基にして、いろいろと修正を加えていきます。
 
⑧ 初回校正をご覧になるまではなかなかイメージが湧かないと思いますので、初回校正を出来るだけ早くお手元にお届けしたいと思っています。そのためにも後から十分に修正が出来ますので、あまり原稿作成に手間取ってしまわないようにしましょう。
 
出席者がまだ確定していなくても、プロフィール面の制作を先に始めることが出来ます。早く始めることで、ゆっくり見直したり、ご自分のご希望に沿うような形に近づけることが出来ます。プロフィール面は早めに検討されることをお薦めいたします。